ナノテクの研究体制・規模・人材で日本トップクラスを誇る東京大学

日本の最高学府である東京大学はナノテクノロジーの研究分野でも日本トップクラスの陣容を誇っており、なかでもユビキタス情報化社会に向けた次世代ネットワークデバイス技術の基盤を確立することを目的に設立された「ナノエレクトロニクス連携研究センター(NCRC)」は、ナノテクの先端研究と産学連携の面で国内外から注目を集めています。

日本の最高学府

NCRCは、同大学の先端科学技術研究センターや生産技術研究所と連携しながら、ナノエレクトロニクス研究の世界的拠点となることを目指しています。

NCRCは、東京大学だけでなく京都大学等の他大学や海外の大学、さらにはNECや富士通研究所などの企業が連携する形で、文部科学省のITプログラムである世界最先端IT国家実現重点研究開発プロジェクト「光・電子デバイス技術の開発」プロジェクトを推進(2002年〜2006年度)しました。

さらに、経済産業省高度情報基盤プログラム「フォトニックネットワークデバイス技術開発」プロジェクトとも緊密な連携を図っています。このほか同大学では、千葉県の柏キャンパスに「新領域創生科学研究所」を設立し、ナノテクなど学際融合が求められる研究の推進を行っています。

同研究所ではさまざまなバックグラウンドを有する教官によって研究と教育を行うシステムが構築されており、多種多様な学問分野で基礎教育を終了した学部卒業生迎え、「学融合」の実現を目指しています。